So-net無料ブログ作成

第3回奥四万十トレイルレース(2018) [Race2018]

2018/05/13、ついにトレランのレースに出場となってしまった。
奥四万十トレイルレースin松葉川。この奥四万十トレイルレースは第一回はワンウェイだった模様、そっちのが走り甲斐はありそうだが、初トレランレースの自分にはループしているコースの方が安心感はあるなぁ。

official_01.jpg


やる気の薄いヤマレコはこちらよ!!



公式FBページより拝借、の前夜祭集合写真。四万十町長のお隣。前夜祭は参加者少なかった。
official_02.jpg


トレイルランニング。
特にブログとかでは書いてないと思うけど、けっこう好きで鎌倉在住時代はそのへんをちょいちょい走ってた。鎌倉近辺はハイカーすごいので、まぁほぼ歩きだけど。
登山趣味もたま~~~にスピードハイク的な感じでやったりしてたので、初心者とはいえそれなりの下地はあったのかも?しれない、しらんけど。

去年くらいからランをちょいちょい再開して、ぼちぼちタイムも上がってきた。特にランニングイベントに出る気はなかったけど、一生のウチ一回くらいはフルマラソンとウルトラマラソンは完走したい、、という程度。

今年からはシューズも新調して、少しやる気に。ついでに減量効果もあるかな~と。
そしてなんか急にトレランのレース出たくなって、一番近くでやっている奥四万十トレイルレースがちょうどいいタイミングで開催。

トレランのトレーニングとしては都合3回、合計で40km足らず。少々足りないと思うものの、一応登山趣味で4年位どっぷりやってたし、自転車のレース経験も多いのでレース参加の準備やらなにやらは問題ない。トレランだからといって特殊なことはそれほどないだろう、ということで。

開催一週間前くらいから天気予報が悪化。正直雨は萎えるものの、実際には「タイムはともかくこれで順位は上がるよなぁ、、( ̄ー ̄)ニヤリ」という感じ。
好天で汗だく状態でオーバーヒートするよりは、雨のほうがよほどいい。

とはいえ、一気に36km。しかも獲得標高2,000mだから膝やら足裏は心配。さらに捻挫癖がある。
痛みに強いタイプとはいえ、そういうことでリタイアだけは避けたい。

目標は
「絶対に怪我なく完走」
「順位は総合で4割以内」
「タイムは6時間切り」
裏というか努力目標で
「一緒に参加の毛利さんより80分以内」
「総合順位3割以内」
という感じ。

朝、自宅から会場駐車場までの移動は大雨と表現しても問題ないほど。
ひょっとしたら沢とかの増水で中止やコース短縮もあるか?とか頭をよぎる。

会場についたら特に何もアナウンスは無し。普通に開催されるっぽい。

キッズ含めエントリーは500人近いらしい。リザルトには381人(スタート人数不明)とあった。
コースディレクターは奥宮俊祐選手。
トレラン初なので他のはよくわからないが、コースとしては短いもののアップダウンがキツい設定ということらしい。まじかー笑

http://okushimanto-trailrace.com/

雨なのであんまウロウロして見て回らなかったが、演出はアディダステレックス一色で飾り付けられている。
いい感じだ、イベント感でアゲアゲです、雨だが笑
P_20180513_075314_BF_R.jpg

公式FBページより拝借、のスタート直前。左端の方におります。
official_01.jpg


さて集合写真の状態からスタート!!!
そこそこ前めで通過してるなあ



ちょっとドーロ走って、ホテル周辺の散策路なダートへ突入。周辺のペースは特に問題なく、しんどくもないのでついていける。ただ水たまり多くて最初くらいは避けて走るか、、と思うとライン少ない。どうせびしょびしょになるから水たまり突っ込んでも良かったが、見えない石とかで捻挫するよりは避けたほうがいいのは間違いないな。

6kmほどフラットダートを走り、そこからトレイル開始。
いきなり急登なので渋滞。スピード差がそこそこあると声かけて先に行くが、基本的には無理しない程度。登山の登り程度の心拍数で、まぁ心拍数上がりやすいからゼエハアするのだが。
ヒラメやふくらはぎのダメージが怖いので、基本的に急登は超ガニ股でいく。周りはわりとまっすぐ足だしてるが、、大丈夫なんかいな。みんな強いのか、とか思いながらオーバーペースにだけは気をつけて行く。

さてここで雨対策。
オーバーペースは怖いものの、路面が荒れたら嫌なんでなるべく最初をがんばって前めで行く。
100人通過状態と300人通過状態じゃぜんぜん違うからな~
目標は150番以内で、、、、けど位置関係がどんなもんだったかは第3エイドまで分からず。

ぼちぼち抜きつ抜かれつで最初のピークあたり。さーて怖い下りだ、、、慎重に行こう、怪我だけはいかん。
しかしなんかおかしい。下りでどんどん前の人に追いつく、仕方なく抜かせてもらう。なんか俺、下り速いぞ(周りより)。
身近な練習相手は自分よりはるかに下り速いので、鍛えられたか。これは大きな収穫、無理しなくても追いつくので登りはほどほどで行き、下りもそこそこで抜ける。いい感じだ。
さすがに第2エイドまでの激下りはどうにも普通に歩くしかなかったが。
途中から滑る箇所が増えてきて、グローブを装着。しかし自転車用のKABUTOグローブはベルクロとか何もなく、濡れた手で装着するのに手間がかかる。雨だとこの手のやつはしんどいな、フィット感いいぶん付け外しで手間取る感じ。何人かに抜かれつつ、あくまで安全第一なので停まってグローブを。

第2エイドで女子トップに追いつかれる。ん?俺そこそこいい位置にいるのか?
エイドではバナナと小うどん。塩アメ?みたいなものをいただく。自分の補給食は豪雨で取り出す気になれず。
林道登りは途中からフル歩き。走っても大差ないところは歩きでセーブ。そこで引き離されても急登と下りでだいたい追いつく。追いつかない人はそもそも俺より速い人らだな、と割り切り。順位より体力セーブ!怪我なく完走!最後まで集中力を保つ!

第2エイドから第3エイドまでがしんどかった。距離的に20kmオーバーは未知の領域、過去のランニングでは20kmが最長。登山では一日30km近く歩いたことはあるものの。しかしロード区間が本当に辛い、退屈だ。
このへんで山用足袋?で走っている人と同じ感じだった、お互いに下りは楽しく抜きつつ、ロードで抜かれるみたいな。まぁこっちは後方で視界に捉え続けてた感じだけど。結局順位がどうだったかは覚えてないな、エイドでどう前後したかぜんぜん順位もターゲットも意識してなかったから不明。

第3エイドに到着。
ここで前夜祭でお話したRUN+Traiの取材で来ている方に見つけられる。なんと60番くらいらしい!
まじかー!やる気出たというか、「ここからは歩いても100位以内やな~」という安堵が少し。
ここのエイドは休憩ちょっとだけで、豚汁かなんかをすすってさっさと出発。
エイド周辺での地元の方からの応援がありがたい。

残り12km。12kmとなるともうどうってこないな、といいつつここから1kmごとの表示がなかなか出てこない。最後の登りはかなりしんどく、ほぼ歩いた。数人に抜かれるものの、あくまでマイペース。最後の下りで余裕がないと怪我しちまうぜ!ってことで、とにかく無理はしない。女子の2位か3位の人にも抜かれるが、ペース同じくらいで後方に張り付くような感じでうーん、、となってちょっと休憩して離れる。なにやってんだかねぇ。

ああしんどい、、長いよ登り。
そういえば、コース上にはたまに奥宮選手からの手書きメッセージが。「苦しめる喜び!」とか「誰だ!?こんなキツイコースにしたのは!」とかいろいろあって、頭の中で奥宮ボイスで再生される笑
中でも最後の方にあった「クソーーッッ!!!」が効いた笑
雨で景色は楽しめなかったものの、このメッセージが次いつ出てくるのかというのを楽しみに走ったようなもんだった。こういうのいいね。


いよいよ最後の下りに差し掛かる。
あとは5km下って1km少々のロード。しかしここに至る前に左膝にじんわり痛みが。第2エイド~第3エイドの区間で左が山の下り基調トラバースが長く、左足に負担がかかっていた。走りながら「片側斜面ばっかでしんどいわ~」と思っていたがやっぱりダメージ蓄積あったか。
かばうように走ると余計しんどいので、がんばって痛みを無視しつつ行く。
下りは今までよりは慎重に、力を使わずスムーズに行こうという感じで。
ちょいちょい抜いたり抜かれたりしながら、安全なペースで下る。往路で使ってるからけっこう荒れてるな、、なんて思いつつ。

下りきってあとはロード、脚が重いぜ、、。舗装路の水たまりに突っ込んでシューズを洗いながら走る。ここで人に抜かれるとなんか悔しいので、なんとか歩かず走る。
よっしゃそろそろゴールだ!と思ったらホテル周辺の遊歩道に導かれる、いらんわ~笑
川沿いの遊歩道を走る。登りは歩く。カメラマンがいたので走る。最後に赤い吊橋でゴールのあるホテルに行く感じらしい。すでにゴールされている方やスタッフの方のお出迎えがあるっぽい、これは走らねば~。

そんな感じでなんとか余力を残してゴール!
順位は総合58位(エントリー381人、351人出走、完走308人)、なかなかいいんじゃないか?タイムは5時間45分。
目標全部達成!!!

P_20180513_140712_R.jpg

ゴールでは奥宮選手がお出迎え。ドロドロのグローブで握手、、すみません笑

ゴール後は泥落として着替える。毛利さんとのタイム差も1時間以内!毛利さんは年代別で表彰、さすがや~鉄人すごい。
ちょっとマイカーのトラブルがあったのではよ帰ろうということで、シャトルバスの1便めで帰還、最後まで居たかったが仕方ない。

というわけで、初のトレランレースは満足の行く結果となりました。
まぁ雨だったから、というのが大きい。
自転車レースの経験(雨もたくささん)、登山の経験、という部分が大きくプラスになったと思われる。
晴れだったらこんな順位じゃないだろうな~

まぁなんといってもAll-TerrainHumanなので、悪コンディションに強いということですよ( ̄ー ̄)ニヤリ
P_20180513_135645_R.jpg


当日の装備はこんな感じ。
アンダーウェア上  ミレー、ドライナミックメッシュ長袖
アンダーウェア下
 よくわからんランニング用スパッツのロングを膝上でカットしたもの、非コンプレッション
上着
 チャンピオシステムのオーダーサイクルジャージ長袖
レインウェア
 MONTANEのレインウェア、スタート直前に脱ぐ。レース中は重り。
ランニングパンツ
 カモシカスポーツのオリジナルな安い短パン
ソックス
 CW-Xの五本指
シューズ
 HOKAONEONE SpeedGoat2
キャップ
 mont-bell ワークキャップ(GORE-TEXのやつ)
アイウェア
 オークリー 旧レーダー(全く使わず笑)
グローブ
 KABUTO 自転車用のやつ
カーフガード
 作業衣料品店の安物、縫製の段差とかは気になるものの充分

グローブは下りで立木に捕まる時に重宝した。おかげでスリップダウンは無し、尻もちつくとテンション下がるから絶対にコケねえぞ!というつもりで走ってました。


コースディレクター奥宮選手。
前夜祭の参加者が少なかったことでけっこうな時間お話できたが、いや~ファンになるねこれは。気さくで選手というか社会人としてしっかりしているという印象です。
「ちゃんとしてる」アスリートって実はけっこう少ないのですよ。
レース本番での振る舞いとかも含め、ファンになった人は多いと思います。トレラン初参加という私のような人もけっこう多かったようなので、余計に。
奥宮選手を応援という意味も込めて、今後はウェア類を購入する時はアディダスを真っ先に考えます。シューズは足とぜんぜん合わないのでどうにもならんですが。


なんか書き疲れてきたので、このへんで。
いや~、とりあえず結果良ければ楽しいということで、楽しかった。
次何に出るかは全く未定ですが、シューズも高いの買っちゃったしなんか出ないともったいないな~などと思っております。さてどうなることやら。

とりあえず先週頂いたビールを解禁!!!
P_20180514_142019_R.jpg

==追加==
一緒に参加の毛利さんから拝借の写真
32471016_1704002529682258_6577645588081278976_n.jpg

毛利さんブログはこちらYO!!
https://40010sports.blogspot.jp/2018/05/2018-in.html

コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます